保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師の基礎知識

■保健師とは

「保健師」と聞いて、その職業のイメージをすぐに思い描ける人は少ないのでは、と思います。 あまり聞きなれない言葉ですよね。 しかし、「保健師」はれっきとした国家資格です。 「保健師助産師看護師法」という法律で助産師さんや看護師さんと並べられる職業なのです。 聞けば「ああ、なるほど」と納得出来るポピュラーな存在でもあるんです。

「保健師」のお仕事は、「看護師」のお仕事から派生したと言えるかもしれません。 元々、社会慈善事業の一環として、貧しい病人のための看護活動というところから出発しました。 巡回看護をしながら、病気の看護や伝染病予防のための保健指導、妊産婦に対する援助などを行っていました。 その後、保健所法が制定され、公衆衛生の観念が普及するとともに、現場で保健指導をする職業として「保健師」が誕生しました。

では、具体的にどんな仕事をしてるのでしょうか。 最も身近な存在の「保健師」は、市町村役場や保健所で働く保健師さんでしょう。 前者が「市町村保健師」、後者が「保健所保健師」と呼ばれ、合わせて「行政保健師」という名称が付いています。 市町村保健師は、役場で乳幼児や妊産婦、一般成人から高齢者・障害者など幅広い対象の保健指導にあたったり、 精神障害者に関するサポート業務を行ったりします。 最近では役場職員のメンタルヘルス教育などもやっています。 保健所保健師は、保健所で障害者や難病患者のサポート、伝染病や結核・エイズ患者等への保健サービスの提供、 インフルエンザの拡大などの危機に対する保健業務に携わっています。

次に、企業で働く労働者の健康管理やその増進にあたる「産業保健師」という職業もあります。 元々は、労災予防などを重点的に行なってきましたが、今は生活習慣病の予防カウセリングや、うつ病や自殺予防などのメンタルヘルス・ケアが中心です。 医務室で保健師さんに「メタボ、気をつけて下さいね!」などと言われたことがある中高年の方も多いと思います。

そして、最もポピュラーな存在なのは「学校保健師」という職業です。 いわゆる「養護の先生」として、保健室に「頭が痛い」とか「腹が痛い」時に行くと優しく薬をくれたり、ベッドに寝かせてくれたり・・・ そんな思い出をお持ちの方はたくさん居られると思います。女子生徒の隠れた憧れの職業でもあったりします。 もちろん、生徒たちばかりでなく、教職員の方々の健康の維持・増進からメンタルヘルス・ケアまで担当します。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.