保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師の転職関連

■保健師の転職の基礎知識

保健師の需要は高いと言われています。 社会的にもその必要性が認識され始めて、各分野でその需要が拡大してるというのです。 特に、「高齢化社会」「医療制度改革」という2つの原因によるところが大きいようです。 確かに、高齢化による介護分野での保健師の需要は増えています。 また、医療制度改革による、生活習慣病予防の健診・特定保健指導の義務化などで、保健師の役割は増えました。 いずれにせよ、「予防」を中心とした医療の変革が、保健師の需要拡大に貢献しているようです。

しかし、実際にはどうなのでしょうか? 保健師を目指す看護師や看護学生が増えていることは間違いありません。 めでたく資格を取得されて、新しい職場に転職された例もたくさんあります。 看護師ほど業務がハードではなく、夜勤も残業もない、安定した保健師の職場。 本当に、そんな良い事ずくめなのでしょうか・・・。

保健師の職場は多種多様です。 まず、「行政保健師」「産業保健師」「学校保健師」という3種類に分けられます。 行政保健師は、国・都道府県・各市町村・そして保健所などで勤務します。 地域住民のための保健指導や健康診断、乳幼児診断などを行います。 産業保健師は、各民間企業で従業員やその家族の健康管理や保健指導を行います。 学校保健師は、小・中・高・大の各学校の現場で、生徒や教職員の健康管理などを行います。 また、病院や介護施設での保健師の仕事もあります。 特に介護分野では、訪問介護や施設介護など多数の職域があります。 これらは、細分化の傾向にあり、一見確かに求人は増えているように見えますが、 現状ではミスマッチも増えているようです。

細分化され多様化することは、一つひとつの職場に特徴が生れます。 また、それぞれは一人二人の保健師しか採用しないわけですから、 よく業務の内容を確認しないで転職すると、想定しなかった仕事をさせられた、 自分のやりたいことができなかったなどの不満が噴出してきます。 また、行政保健師などは公務員ですから、予期せぬ転勤を命じられたなどの話もあります。

「保健師の仕事」と一括りにできなくなっている現状では、転職には最新の注意が必要です。 しかし、個人で情報を収集することには限界があります。 「マイナビ看護師」などの転職情報サイトに登録すると、 専任のキャリアコンサルタントがついて、無料で相談にのってくれます。 もちろん、保健師の各職場の事情にも詳しいですから、ミスマッチを避けることが出来ます。

[転職関連の基礎]
年収アップのポイント 履歴書 求人の倍率 離職率 辞めたい場合 パート

保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.