保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師の寮

福利厚生の一部として寮を完備する企業や施設機関があります。福利厚生とは毎月の給与以外に得ることができる、または勤務の必要性に応じて与えられるサービスや援助を言います。法律で定められているものには健康保険、厚生年金、雇用保険などがあり、所属する企業や施設機関が任意で定めるものには寮完備といった住宅に関する補助、結婚や葬儀などに出される慶弔見舞い、利率が良く計画的な貯蓄を促す財形貯蓄などがあります。医療従事者向けのものでは、危険手当、感染症手当、オンコール待機手当などがあります。金銭的な援助だけでなく、社員旅行や夏祭り、保養地や宿泊施設を格安で借りることができる福利厚生もあります。

福利厚生が充実していると、給与の額面が低くても色々な手当や補助を得ることによって逆にメリットがあったり、結果的に額面だけが高く福利厚生がない人に比べて条件が良いこともあるので、福利厚生はよく確認しておきましょう。特に寮のように住宅に関わる補助は生活費を大きくサポートしてくれるので重要です。

保健師の場合、病院や地域包括支援センターなど介護施設が寮完備の福利厚生を持ちます。バブル期が過ぎ経済的に決して余裕のある景気動向にはない昨今、社員寮や住宅手当を見直し経費削減を図る企業の方が多いため、企業に勤める産業保健師で寮完備の福利厚生はまれです。 寮といっても学生寮のように相部屋やキッチンやお風呂は共有しなければならないといったタイプのものではありません。最近の寮はワンルームマンションタイプのものがほとんどで、基本的に勤務先に近いところに立地しているため通勤に便利です。また寮によっては女性専用であったり、女性が多い職種ということを考えてセキュリティーを強化完備した寮が多いので防犯面も整っています。

寮が完備されている場合、住む場所が限定されてしまいますが住宅費負担が少ないというメリットは大きなものがあります。一般的に住宅費は給与の3分の1と言われており、自分で住むところを管理している場合、毎月いやおうなしにこの3分の1が住宅費に消えてしまうため大きな負担です。普段の生活から節制を心掛けることが必要で、長い目で考えると貯蓄差にも影響してきます。また都心もしくは地方など違う地域で保健師の仕事をしてみたいという人にとっては、寮が完備していあれば、住宅費を心配することなく様々な地域で働くことができます。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.