保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師と英語

我が国に入国・在留する外国人が年々増加していること等を背景に、市町村が、日本人と同様に、外国人住民に対し基礎的行政サービスを提供する基盤となる制度の必要性が高まっています。 このように、増加する外国人住民に対して同じようにサービスを行う上でも、今後さらに保健師に対しても英語力が求められてくることは確実です。 英語を話せる保健師の求人も増えてくるでしょうし、語学力のある方にとっては、有利になることは間違いないと思います。

異国の地で暮らす外国人にとっては日本人以上に子育てや健康面での不安もつきものでしょうから、地域保健師の活躍の場においても、 専門的な用語も含めて、英語で会話でき、様々な相談のできる保健師の存在が不可欠となってくるでしょう。

また、学校保健師の活躍する学校においても、日本語が十分に話せない生徒児童もいますから、体調管理にかかわる英語の基礎は求められます。 あるいは、外国人のためのインターナショナルスクールでは保健師の英語力が必要とされますから、英語力を生かして学校保健師として就業する事も可能です。

企業においても、外国人労働者が数多く就労する企業もありますから、産業保健師としても、英語力を求められ、求人条件になっている場合もあるようです。

また、入国審査官の保健師採用(当然、英語が話せ理解している人)は年々増加傾向にあるのです。 入国審査官は、海外からの入国者に対し、基本的な在留資格の審査、入国違反者の審査、難民認定審査などを行い、日本の国を安全から守る為、政府が許可していない物品や植物などをチェックしています。 特に保健師が必要な理由として、海外圏からの伝染性疫病の対応処置を行わなければいけないからです。まだ、記憶に新しいことだと思いますが『新型インフルエンザの到来』では水際で食い止める事が出来ませんでした。こうした反省も含めて保健師の採用が増えているようです。 保健師の資格の他に、入国審査官としての資格も必要になります。入国審査官の資格は、人事院が行う国家公務員採用試験(1種・U種・V種があります)に合格後、さらに入国管理局の面接に合格する必要があります。

保健師国家試験の科目は、地域看護学、疫学・保健統計、保健福祉行政論であり、英語は試験科目ではありません。 ただし、保健師国家試験を受けるために勉強する、看護大学や看護短大、看護専門学校などに入学するためには、英語の試験を受けなければなりませんし、 医療用語の英語の修得も必須となっているところもあります。 英語力を生かして保健師として働こうと言う方以外でも、基礎的な英語力は必要ということでしょう。

保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.