保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師の転職フェア

 保健師になりたい!保健師として働きたい!人たちの就職・転職活動をサポートしてくれるのが就職フェアです。就職フェアは多くの場合、大手人材会社、就職・転職の支援サービスを行う会社、行政、学校などが合同開催するもので保健師に限定して行なわれると言うよりは、看護師や助産師、医療従事者向けとして大きなイベント的に企画されることが多いようです。  フェアでは一度に多くの企業や行政機関の説明を聞いたり、分からない点を質問して問題を解決する場としてとても有効です。様々な働く場、仕事の内容、求められる人材像を聞く事で、将来の選択肢を広げなりたい自分を見つけることができるかもしれません。机上やWEB上での就職活動は前に進まないことも、求人先の人とマンツーマンで直接話すことで就職へ向けての具体的な道筋も見出せます。

 こうした就職・転職・適職フェアとよばれる就活イベントは、いい意味でイベント的要素があり、キャリアコンサルタントによる無料カウンセリングを受けられる、先輩保健師さんたちが直接質問に答えてくれるコーナーがある、医療従事者向けセミナーを開催している、など就職活動に加えて情報収集の場となり人脈をつくるよい機会です。

 保健師の就職と言うと募集人数が少ない…、狭き門・・・、経験者がないと雇ってくれない・・・、など就職しにくいイメージがあります。実際のところ、現役保健師全体の7割を占める行政保健師は市区町村などに勤務する地方公務員となるため、保健師国家試験に加えてそのための試験準備も必要です。産業保健師の場合、産業看護師して働く人もいるため競争率は高く、学校保健師は必要な絶対数が少ない上に辞める人が少ないので欠員が出にくいという現状もありす。

 しかしながら看護師同様の看護業務ができ、且つ全体的な健康への指導や保健活動ができる保健師の専門性とスキルは必要とする場面が多くあります。保健師は行政・産業・学校に限らず、病院や診療所に勤務する保健師、海外で国際保健に携わる保健師、社会が抱える問題に応じて児童相談所、地域包括支援センター、社会福祉施設、老人ホームなどに保健師が配置されるようになり、保健師の職場が多様化している一面もあります。且つメタボ健診や地域包括支援センターの各市区町村への義務付けで保健師の需要は増えつつあるため、保健師の就職に必要なものは働き手と雇用主のマッチングです。就職・転職を応援してくれるサポートを、フェアを機に見つけて見てはどうでしょうか。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.