保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

行政保健師の仕事<乳児健診・母子保健>

行政保健師は市町村の保健センターや保健・福祉サービスを行う行政の児童家庭課、高齢者福祉課などに公務員として勤務し保健サービスに従事します。行政サービス同様、保健師の業務対象となる人たちは全住民、乳幼児、妊産婦、成人から高齢者まで幅広い年齢層が対象となります。 中でも乳幼児や妊産婦に対しては母子保護法に基づいて定期健診や家庭訪問を行い、保健師として大きな役割を担います。生まれてきた赤ちゃんのために市区町村では公費負担の乳幼児健康診査を乳児期(3〜4ヶ月)、1歳6か月児期、3歳児期に実施しています。乳幼児健康診査では赤ちゃんの成長や発達を確認し、育児不安やストレスを抱える妊産婦をサポートするのが主な目的になります。特に保健師は妊産婦のよき相談相手となり、母子支援のベースともなる乳幼児健康診査で保健師の果たす役割は大きなものであると言えます。

乳幼児健康診査は、母子保護法の規定により市町村が乳幼児に対して行う健康診査で、1歳未満の乳児、1歳6か月〜2歳の幼児、3〜4歳の幼児が対象になります。 1歳未満の(3〜4ヶ月)時期は赤ちゃんにとって体が発達する大切な節目の時期に当たります。この健診で大切な確認ポイントは赤ちゃんの首のすわりです。赤ちゃんを起こしたり、うつぶせにしたり、お座りさせた時にきちんと首がすわっているかを確認します。その他、身体測定、聴診、おなかの触診、頭蓋骨のすき間にあたる大泉門(だいせんもん)のチェック、股関節脱臼の有無、おへそや皮膚の様子、目の動きや音への反応、赤ちゃんの様子を確認します。健診と一緒にBCGの予防接種を行うこともあります。

1歳6ヶ月健診ではひとり歩きと言葉のコミュニケーションが健診ポイントになります。手指の発達を確認するためにおもちゃをつかませたり、言葉の理解を確認するために指さしをさせたりしながら赤ちゃんの発育状況を診ていきます。その他、身体測定、聴診、触診、大泉門のチェック、歯科健診、聴覚・視覚、ひとり歩き、手や指の発達、皮膚の状態、言葉の理解度や問いかけに答えるかなどを確認します。

3歳児健診では幼児期後半の発育として大切な言葉の理解と会話やコミュニケーションが健診のポイントになります。名前や年齢を聞いて答えることができるかどうか、お話ができるかどうかを簡単な会話や質問の中から確認していきます。その他、身体測定、聴覚・視覚、検尿、歯科検診などを行います。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.