保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

行政保健師の仕事<特定健康診査・特定保健指導>

糖尿病、高血圧症、脂質異常などの生活習慣病は増加の一途を辿り、生命に関わる脳卒中や心筋梗塞の原因となる他、現在では国民医療費の約30%を占めるに至っています。これらの病気は個々で発症すると言うよりもむしろ、内臓に蓄積された脂肪それにともなう肥満が引き金になっており、内臓の脂肪蓄積により病気になる状態をメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と言われています。

そこで健康保険法のもと平成20年4月から40歳以上の保険加入者を対象にメタボリックシンドロームに着目した特別健康診査(特定健診、メタボ健診とも言われます)および特定保健指導の実施導入が全国の市町村に義務付けられることになりました。ともすれば生命を脅かす原因となる生活習慣病は、食生活の見直しや適度な運動を取り入れることで予防・改善できることが分かっています。この特定健康診査は、メタボ予備群を減少させ、メタボ患者を的確に抽出して特定保健指導を行うことで生活習慣病の発症や重症化を予防することを目的としています。

特定健康診査は問診や診察、身長・体重・腹囲・肥満度・BMIなど身体計測、血圧測定、血液検査では中性脂肪、HDL・LDLコレステロール、GOT・GPT(肝機能診断)、γ-GTP(アルコールによる肝臓障害診断)、血糖(糖尿病診断)、HbA1c(糖尿病診断)、尿検査では尿糖(糖尿病診断)、尿たんぱく(腎臓機能診断)を検査して生活習慣病を診断していきます。

メタボリックシンドロームの診断基準にそって複数のリスクを持つ人には、医師、保健師、管理栄養士による特定保健指導が行われます。病気になりそうなメタボ予備軍を抽出し、医療関係者が早期に介入することで病気予防へつなげることを目的としています。 生活習慣病のほとんどは自覚症状が乏しく、初期の段階では生活に支障をきたすようなことはないため、健診の結果を見ても長年続けてきた生活習慣を変えることはなかなかできるものではありません。そこで医師、病気予防のスペシャリストである保健師、管理栄養士がメタボ予備軍には面接、行動目標・計画作成の支援、評価(6ヶ月)を組み込んだ「動機付け支援」、メタボリスクの高い人には食生活改善の指導者、運動指導者を加えた「積極的支援」を実施することで生活習慣病の予防に努めます。

特定健康診査・特定保健指導が市町村に義務付けられたことにより保健師の活動はより幅広く需要、位置付けも高いものになると見込まれています。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.