保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

行政保健師の仕事

 「保健師」と聞くとあまりピンとこないような、看護師との違いがよく分からない部分も多いポジションではありますが、実は私たちは生活の身近なところで保健師の方々にお世話になっています。医師や看護師が病気やケガを治すスペシャリストであるならば、保健師は病気を予防し健康を守るスペシャリストです。保健師は人が病気にならないよう、健康の維持増進に努める職業のため、市区町村の保健所、保健センター、病院、学校、企業で各種健康診断、予防接種、健康相談、保健指導など健康を守る仕事に従事しています。

 保健師はその働く場所によって行政保健師、産業保健師、学校保健師(養護教諭)に分かれます。さらに在宅保健師(保健師の資格を持ち空いた時間で保健師の活動を行う)や臨時保健師(育児休暇や長期休暇を取る保健師の代わりに期間を限定して保健師業務にあたる)として常勤の保健師をサポートしています。その中の行政保健師はさらに市町村保健師と保健所保健師に分かれ勤務先、業務対象者や目的が違ってきます。

 行政保健師の市町村保健師は、市町村の保健センターや保健・福祉サービスを行う行政の児童家庭課、高齢者福祉課などに公務員として勤務します。行政のサービス同様、市町村保健師が対象とする人たちは全住民、乳幼児、妊産婦、成人から高齢者まで幅広い年齢層が対象となります。乳幼児や妊産婦の家庭訪問・定期健診、ガン検診や婦人検診をはじめとする健康診断、障害者支援、高齢者へは介護のサポートなどを行います。その他にも健康相談や保健指導、行政的立場で市町村や都道府県へ現場の声を届けるパイプ的役割も果たします。一番私たちの生活に密着した保健師です。

 行政保健師の保健所保健師は市町村保健師と異なり、対象者がより限定され、広く病気を未然に防ぐ保健公衆衛生業務が主になります。障害者、難病患者、結核、エイズ患者への保健サービスの提供や疫病に関する危機管理などを行います。毎年流行するインフルエンザ、見えない猛威・脅威を持つ新しい感染症(SARSや新型ウィルスなど)の情報をいち早くキャッチし感染拡大の防除、予防策をとるのが保健所保健師の役割になります。

 行政保健師は公務員として保健サービスを行政サービスの一環として行うためのスタッフです。勤務する行政により地域特性があり、働く市町村によって求められる保健師としての役割も様々ありますが、地域住民の健康を守り病気を予防する大切な役割を担います。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.