保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師の転職関連

■派遣での保健師の働き方

保健師の資格をとっても、いきなり保健師としてバリバリ働けるかというと、難しいのではないかと思います。 保健師のお仕事は多岐にわたりますし、地域や企業の実情が把握できないうちは、一人前とは呼ばれません。 最初は先輩の保健師に就いて、徐々に実務を身につけていく、そんな流れかと思います。 当然求人も、一人前の保健師さんを求める情報が大部分です。 中には、余裕があって、大量の新人保健師さんを採用するような職場もありますが、 大抵は、実務の経験が豊富な方が優先になります。 一人採用のところなどは、翌日から保健師として働けることが前提になりますので、 先輩の指導がなければ仕事が出来ないような新人さんは、パスされてしまいます。

そのようなときに、派遣社員として保健師の仕事をするという働き方があります。 仕事の内容は、先輩保健師の補助的な仕事が大部分です。 アシスタントとして保健師の仕事をこなしながら実務を身につけていく。 ある意味、理想的な働き方なのかもしれません。 給与は大体時給制になりますから、残業や交替制の勤務の職場でない限りは、正社員の給与より少なくなります。 多くは派遣会社の社員として派遣されますので、社会保険や雇用・労災保険などは全て完備していますし、ボーナスが出るところもあります。 研修制度や福利厚生、住宅補助制度まで完備している会社もありますので、 働き方としては充分選択肢に入れられると思います。

保健師の仕事は、多種多様で、細分化・多様化の傾向はますます強まっています。 当然、各職場で実務経験者を求めるニーズが高まっていて、 仕事の数の割には、新人さんが入り込む余地は、逆に少なくなっているのかもしれません。 高度な業務知識が要求される仕事ですから、実務経験がなくては難しいでしょう。 かと言って、看護師のように人数が必要な職場ではないので、その分、社内教育体制を構築するのは、難しいのかもしれません。 必然的に、徒弟制度のようなかたちで、業務を実習していく形にならざるを得ません。

そのような意味で、新人の保健師さんの働き方として、派遣社員は定着するのかもしれません。 しかし、派遣会社をよく選ばないと、せっかくの資格が無駄になる可能性もありますので注意が必要です。 自分で、求人条件を良く確認することも大事ですが、 転職サイトなどでは、コンサルタントの方が派遣についても相談に乗ってくれますので、 ご利用されてみるのも良いかと思います。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.