保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

産業保健師の仕事<健康指導・メンタルヘルスケア>

産業保健師は特定の企業・事業所に勤務し、そこで働く社員の応急医療、健康管理(特に定期健康診断など)、健康相談や保健指導、メンタルヘルスケアを行います。産業保健師は企業の健康管理質や医務室などに常駐し、産業医とともに社員に対する応急医療を行いますが緊急時以外には社員の健康管理、過重労働や生活習慣予防への対策、健康相談・保健アドバイス、体操やストレッチ指導を交えて健康支援などを行い、常に社員が健康的に業務を行うことができる環境づくり、健康づくりに視点を置き保健活動を行います。

 企業に勤める産業保健師と言っても企業規模は大中小様々あり、企業規模によって保健師の役割や健康づくりに必要な整備、不足しているサポートなどが違ってきます。  企業には働く人の健康や安全を守るため、労働安全衛生法で常時50人以上の従業員がいる事業所においては産業医を選定、健康診断結果の報告、衛生委員会の開催などが義務付けられていますが、逆に従業員49人以下の小規模事業所には義務がありません。そのためこうした小さな事業所には健康診断の受診管掌や保健指導を勧めたり、正社員だけでなく非常勤やアルバイトの従業員に対しても健康診断が行われているかどうかチェックしたり、健康診断で気になる点が指摘されているのに放置したままにしていないかなどを確認するのも産業保健師の仕事です。

 企業は事業規模だけでなく多種多様な業種があり、それぞれの業種や労働環境を踏まえた保健師活動が求められます。例えば工場に勤務する保健師は安全靴を履き作業着を着て、または食品会社では衛生面や異物混入に細心の注意を払った格好で職場巡視を行うなど同じ労働環境に立った視線で保健師活動をしていくことが大切です。また従業員50人以上の事業所では労働衛生安全法のもと、月1回以上の安全委員会を実施することが義務付けられているため、こうした組織を使って健康生活の啓蒙や健康維持・増進を社内に発信していくのも産業保健師の役割です。

 産業保健師の業務の中で、最近では企業内のメンタルヘルスケアが重要視されています。職場のストレス、うつ病による欠勤や休職者が増える中、保健師として社員に対するメンタル面でのケアは重要な役割を担います。メンタルヘルスケアで特に大切なことは過度、慢性的なストレスが生じないような職場環境を作ることに事業主自身が強く意識し取り組むことです。保健師はそうした労働環境の整備に働きかけ、関係者や関連部署との調整を持ってケアが必要な社員を健全に職場復帰させるためにサポート・フォローアップしていきます。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.