保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師のインターン

 インターンとはいわゆる「就労経験」「職場体験」と呼ばれるもので社会に出る前の主に学生が行政機関、一般企業、商業施設などインターン制度を実施している職場へ赴き、実際の仕事を体験するシステムです。身近なところでは、スーパーなどでとても若くどこか不慣れな手際だな…と思って見ているとインターンの学生が商品の陳列作業をやっていた!というようにインターンは最近だいぶ多くなってきたように思います。またある地方の高校ではキャリア教育の一貫としてインターンを必須単位として取り入れ、学生の就業意欲を高めるねらいがあります。

 インターンでは実際に興味のある職場で働くことができるため実務を体験し、職場の雰囲気や現役の先輩保健師から様々なことを教わるとても良いチャンスです。インターンを通して自分がなりたいと思っていた保健師とはどうゆう職業なのか、自分は本当に保健師という仕事を志したいのかどうか、自分の保健師に対する思いとも対峙することになるでしょう。インターンを経験した後は、保健師になりたい気持ちがより強まって国家試験や就職試験に力が入る人もいれば、思っていた自分の夢とギャップがあり悩む人もいるかもしれません。いずれにしても社会を体験するチャンスは貴重な経験なので積極的に参加してみると良いでしょう。

 インターンの募集は各主催機関によって様々ですが、行政で行われるインターンは多くの場合、6〜8月の夏期に1〜2週間程行われているようです。基本的にインターンは現役の学生を対象としているので学校が夏休みに入る夏の時期に行われるのが一般的です。保健師のインターンでは地域の保健所や保健センターに行って実際の職場を体験したり、現役保健師のセミナーが開催されたりするようです。ただ行政の場合、インターンで希望の所属部や課を必ず体験させてもらえるとは限りません。インターンの学生を受け入れる部署は様々あるため、保健師を希望しても他の課や部に配属されるケースもあるということを覚えておきましょう。

 病気予防・健康のスペシャリストである保健師の仕事は、社会の変遷や複雑化によって多様化しており、求められる保健活動、講じていくべき病気予防策・健康管理は業種業態が同じでも働く先によって大きく異なります。インターンで得たことがそのまま就職した先で活かされるものになるかは分かりませんが、多様化する社会に柔軟な保健活動を求められる中で役立つことは大いにあるはずです。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.