保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師<JICA,NGOでの活動>

多くの保健師が市区町村や保健所などの行政保健師として、または病院保健師、学校保健師、産業保健師としてそれぞれの分野で病気予防と健康維持・増進に努める中、JICAやNGOなどで保健活動に従事する保健師もいます。

JICA(Japan International Cooperation Agency)は、開発途上にある地域の経済や社会発展をサポートし国際協力に努める政府開発援助(ODA)実施機関のひとつです。「人を通じた国際協力」をコンセプトに、発展途上国に必要な援助や求められるサポートを考える調査研究、国際協力で活動する人材の確保や派遣、実施事業の管理や評価、国際緊急援助隊などその事業範囲は多岐にわたります。発展途上国では国際保健活動も積極的に行われておりJICAの医療チームで保健師、看護師、助産師、作業療法士など医療従事者のボランティアは広く求められている存在です。

保健師としてのJICA活動は、現地の保健センターなどを拠点にし国際保健の大きな課題である感染症対策(マラリア、寄生虫、結核、エイズなど)、母子保健、公衆衛生や清潔習慣の啓発活動、病気の恐さや予防のレクチャーなどを行います。教育水準、識字率の低い発展途上国ではこうした活動を地域のコミュニティレベルに落とし込み、住民参加型で企画し皆に病気への理解や健康の大切さを伝える活動が大切になります。また地域の保健局や学校と連携し保健計画、住民の健康調査、結果の取りまとめや分析を通じて保健活動を広げる役割も担います。

 JICAやNGOの国際保健活動は「開発途上国の発展に貢献する」ボランティア活動です。活動地域はインフラの整っていない劣悪な住環境と衛生状態にあり、医療設備に乏しく思うような保健活動ができないジレンマと闘うことも必要になります。感染症が横行する中、活動している自分自身が病気や命の危険にさらされるリスクもあります。  JICAやNGOに参加するには、保健師としての確かな専門的知識と技術、過酷な環境に耐える健康で丈夫な体、地域の人や一緒に働くスタッフと連携をはかるためのコミュニケーション能力、そして精神的な忍耐力や前向きな姿勢が求められます。  しかし発展途上国が抱える一番大きな問題は健康問題で、地域住民を対象とした病気予防・健康維持といった保健師の根幹となる活動はとても重要です。国際保健活動は日本の医療にも浸透しつつある国際化に役立つだけでなく、保健師としての経験を深める貴重な機会となるでしょう。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.