保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師の海外勤務

病気を予防し健康を守る「保健師」は、市区町村や保健所に勤務する行政保健師、一般企業に勤務し社員の健康を守る産業保健師、保健室の先生として学校保健や児童の相談役として活躍する学校保健師の他、病院や診療所で働く保健師、最近は児童相談所、地域包括支援センター、社会福祉施設などに保健師が配置されるようになり、保健師の役割や働く場は多様化しています。そうした中、保健師として海外で働くという選択肢もあります。

 特に発展途上国に対する国際保健活動は各国積極的に行われており、途上国の健康問題は国連議案となるほど世界的にも深刻な問題を抱えています。途上国では未だに下痢、エイズ、肺炎、マラリア、結核、はしかなどが横行し、これらの感染症が原因で毎年多くの人が命を落としています。さらに妊娠による死亡や乳幼児の高い死亡率も課題です。こうした感染症は予防が可能であり、治療法も確立された疾患であるにもかかわらず、死亡者数を減らすことは困難を極めている状態です。 国際保健活動は発展途上国における感染症対策、母子保護活動、医療の提供、病気予防や衛生に対する保健教育などを行いますが、地域住民を対象とした病気予防・健康維持といった保健師の根幹となる専門性は、こうした国際保健のフィールドで多いに活かされるスキルです。国際保健活動は日本の医療に浸透しつつある国際化に役立つだけでなく、保健師としての経験を深める貴重な機会です。

 保健師が国際保健活動を行うにはいくつかの選択肢があります。例えばJICA(Japan International Cooperation Agency)は、発展途上国での国際保健活動を積極的に行っておりJICAの医療チームで働くことができます。JICAでの活動は、現地の保健センターなどを拠点にし感染症対策(マラリア、寄生虫、結核、エイズなど)、母子保健、公衆衛生や清潔習慣の啓発活動、病気予防のレクチャーなどを指導者レベルで行います。 JICA以外にも「国境なき医師団」、「保健医療NGOシェア(国際保健協力市民の会)」、「海を越える看護団」などが国際医療・保健活動を積極的に行っているため、こうした組織を通じて海外で保健師として活動することができます。

 参加の募集は随時行っていますが、参加に当たってはどの組織においても保健師としての確かな専門的知識と技術、過酷な環境に耐える健康で丈夫な体、地域の人や一緒に働くスタッフと連携をはかるためのコミュニケーション能力、精神的な忍耐力や前向きな姿勢が求められます。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.