保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師の人材育成

保健師の人材(人財)育成、研修、現任教育の現状等について説明いたします。

保健師の研修等については、地方公務員法、地域保健法、保健師助産師看護師法などの法律によっても、 その、能力発揮や増進の為に研修を受けたり、人材の養成や資質の向上に努め、必要な技術援助や財政援助がされるように求められています。

新任保健師に対しては、新人保健師教育ガイドラインを設けているところもあります。 多くの場合は、新任研修を受け、その後、プリセプターと呼ばれる指導保健師による指導を受けます。 ただ、システム化されていない自治体や現場任せの職場、もしくは人手不足などの問題から、きちんと新任研修やプリセプターの指導が受けられていない場合もあります。

その研修について保健師が認識している現状の調査では、
●「職場内研修が困難」(37.7%)
●「新人育成が困難」(19.3%、)
●「研修機会の減少」(19.2%)等の回答が挙がっています。
(平成21年度厚生労働省先駆的保健活動交流推進事業「保健師の活動基盤に関する基礎調査報告書」による…)

ある調査では、県型保健所における市町村の保健師や保健所内の保健師に対する現況教育がシステム化されているのは3割弱程度。 保健所のない市町村では現況教育がシステム化されているのは、なんと4.2%とかなり低い数字となっています。 保健師の場合、分散配置や業務が細分化されている等により、現場で育成するための環境が十分そろっていないことも原因でしょう。

このように、特に小規模の地方自治体や企業等では保健師の配置数が少なく、新任を含め保健師の研修体制が十分取れないところも 多くあります。こうした現状では、保健師の能力にも大きな差がでてしまうのも否めません。

そうした、保健師の研修不足を解消するために、地域保健の中心である、保健所が研修を行うことを求められてきています。 保健所には研修に必要な地域の保健課題を分析するためのデーターやノウハウもそろっています。 そうした場所で研修することにより、所属機関による、教育の差をなくしたり、地域の保健師等のネットワーク作りに役立てようという 動きが出てきています。

また、保健師個人もしくは、組織として、学会活動へ参加したり、学会などの主催する、セミナーや研修会等に参加するなどして、 知識や見聞を深めるという方法もあり、こうした活動を積極的に行っている保健師もいます。

保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.