保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

看護師から保健師へ

看護師から保健師になるには、保健師国家試験を受ける受験資格を得なければなりません。保健師国家試験の受験資格には、看護師免許を持っていること、保健師になるための必要専門科目を6か月以上履修していることなどが条件となるため、専門課程を勉強するために学校へ行く必要があります。保健師になるための専門課程は、保健師養成学校へ入学、短大の専攻過程や看護系の大学に編入して必要な科目を履修して修学しなければなりません。基本的に修学年限は1年間、全日制のため、仕事を辞めなくてはなりません。

多くの人は看護師として働きながら保健師養成学校や大学編入のための受験勉強をし、合格と同時に退職して学生となって保健師の勉強を重ねます。最終的には毎年2月に行われる保健師国家試験を受け、合格を持って保健師としてデビューするのですが、学生となって保健師の学業に努めると同時に就職活動もはじまります。 特に行政保健師(保健師全体の約7割)を目指す場合、地方公務員試験を受けなければならず、公務員試験は例年だいたい6月、7月、9月、11月に行われるため、学業と就活の2足のワラジ生活です。そのため、人によってはまず保健師の勉強のため1年間は学業に専念し、翌年保健師の国家資格を取得。その年は看護師として働きながら保健師の就職活動をし、保健師としての採用が決まった時点で看護師を辞める、というように保持する資格をやりくりして夢の保健師を目指す人もいます。

看護師から保健師へは働きながら受験勉強や就職活動をしなければならい厳しい道ではありますが、保健師になるメリットは多くあるようです。看護師は病気やケガをした人を治すより具体的な仕事ですが、保健師は看護の前にある病気を予防し健康を守るより抽象的な大きな課題に取り組まなければなりません。そのため責務と同時に給与も看護師より上がります。 また夜勤や准夜勤など不規則な生活で病院に勤務する看護師とは違い、保健師は行政機関や学校、企業などに勤務することが多いため、比較的勤務時間が規則的で週休2日も確保しやすい労働環境にあります。そのため仕事と家庭を両立しやすく、特に保健師業務のひとつである母子保健や育児相談においては、子どもを持っていることが仕事へプラスになる、または経験を仕事に活かすことができるため、結婚や子どもを持つことに対する抵抗なく仕事を続けることができるメリットが多いのも保健師の魅力です。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.