保健師の不足

保健師の不足は

保健師の学校として大学や短大よりも専門学校の方が色々な面で保健師を目指す方には大変ではあるもののお勧めでしたが、保健師の教育も変化し養成の中心が専門学校から4年大学と代わり大きく変わってきているといわれています。 尚且つ保健師の不足問題として原因には特定健診制度というものが開始されその分保健師に対する社会のニーズが高まっているということがあげられます。

特定健診制度が始まり保健師に対する社会的ニーズは高まるのに対し、実際は保健師の資格を持つ方が少ない。 それゆえに保健師不足という現状になるわけですが、看護師資格を持つ方は多くても、保健師資格も持つ方は本当に少ないというのが実情です。 数字で比べてみると一目瞭然ですが、看護師は全国に82万人いるのに対し保健師資格をお持ちの方は全国でわずか4万人しかいませんから、本当に保健師という資格をお持ちの方はごくわずかということが言えるでしょう。

又この数字に追い討ちをかけているのが保健師助産師看護師法でこの法律が改正されたために看護師国家試験を受け合格しない方は保健師国家試験を合格しても取得できないので、そうした問題も保健師資格保持者の少ない原因といえるでしょう。 社会からのニーズは高まったのに実際は保健師が不足しているわけですから、自体は深刻化しているともいえる保健師不足。

特定健康診査や特定保健師指導が開始されたのにもかかわらず全国でおよそ4万人しか保健師がいない状況ですから数字的にいっても足りることはないのが保健師。 そのため現在では保健師が所属している日看協と呼ばれる協会ではおよそ1万人の保健師が保健指導へ携ることになると考えられ、この協会でも保健師の育成に力を入れ始めたという報告もされています。

保健師とはそもそも今まであまり目立つ立場ではなく、知られざる存在といえる地味な位置にいましたが、介護保険法が改正されと様々な変化に伴い社会的にも必要な人材となっています。 又その活躍の場も地域だけでなく企業においての経営パートナー、学校においての保健師活動と様々な分野での活躍が期待できる保健師ですから、今後はどんどん保健師の資格保持者が増えることを願います。

ただし保健師資格を得られ、ご自身がいざどのような保健師としての活躍をすべきか悩まれた時は、保健師専門の求人を扱い尚且つコンサルタントがいる転職サービスをご利用され、よりご自身の希望通りの就業場所を選択してください。 保健師とは多くの方のメンタルケアをはじめとして色々なケアが必要ですから、ご自身が逆にストレスを抱えないような就業場所を選択することが第一で、そのためには保健師専門の転職支援サービスがあなたのための就業場所を提案してくれます。

保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.