保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師の求人・募集@沖縄

沖縄県は日本の南西部、最西端に位置する都道府県で最東端から最西端までは約1,000km、最北端から最南端までは約400kmと、広大な県域を持つのが特長です。沖縄県は沖縄本島の中部・南部の那覇市・沖縄市を中心に都市化と人口集中が進んでいます。医療面では離島が多い割に人手不足、経済的理由から離島医療は不足しており、病院がなく診療所のみという島も多くあります。離島で治療ができない患者さんや緊急を要する患者さんは陸上自衛隊や海上保安庁が空輸を行っています。

このように医療環境に不足不便のある沖縄県ではありますが、長寿の県を誇り、県の平均年齢は39.1歳と全国で一番若く、生活習慣病で亡くなる人の率も全国で一番低い都道府県です。しかしながら高齢化社会は他県同様に進んでいるのが現状です。沖縄県の高齢化傾向は、寝たきりや認知症にならない状態で生活する健康寿命が長く、高齢になっても自立した生活を送っている人の割合が高いのですが、その後寝たきりや介護が必要になって生活する障害期間がいずれも全国で最も長くなっています。地域包括支援センター、介護施設、社会福祉施設、老人ホームなど介護分野での保健師需要が見込まれます。

また沖縄県はHIV感染者が全国第3位と高い割合を示しています。日本のHIV感染者の21%、エイズ患者の20%を在日外国人が占めており、外国人の往来が多く米軍基地が駐屯している沖縄が上位にランクインしていますが、在日外国人に接する機会の多い沖縄県民はHIVに接触するリスクが高いことになります。HIVをはじめ、インフルエンザ、結核などの感染症対策は保健師基本業務のひとつであるため、増えるHIV感染者をどう食い止めるか、エイズ患者への対応や受入れをどう構築していくのか、HIV検査を推進しエイズ撲滅キャンペーンなどでより一層啓発していくことが求められます。

保健師の仕事は業種業態が同じでも就職先によって仕事の内容は大きく異なるため、健康状態や病気の傾向、年齢、地域特性、職場など人の環境を理解することで必要な保健師活動が見えてくるでしょう。最近は保健師の職場、活動は多様化しており、行政保健師、産業保健師、学校保健師に限りません。病院やクリニックはもちろん、社会的問題を受けて子どもを虐待から守る児童相談所、お年寄りによりよい生活を提供する地域包括支援センター、高齢化・超高齢化社会に対応して老人ホームなど様々あります。就職フェア、就職・転職支援サイトなどを賢く利用して理想の職場探しに励みましょう!


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.