保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師の老人ホーム勤務

 病気を予防し健康を守るスペシャリスト、「保健師」は、大きく分けて市区町村の保健センターや保健所に勤務する行政保健師、企業や事業所に勤務し社員の健康を守る産業保健師、保健室の先生として学校保健や児童の相談役として活躍する学校保健師がいます。他にも病院や診療所で働く保健師、海外で国際保健に携わる保健師、最近は多様化する社会または社会が抱える問題に応じて児童相談所、地域包括支援センター、社会福祉施設、介護施設などに保健師が配置されるようになりました。保健師の老人ホーム勤務も進む高齢化社会に対応し増えてきました。

 本格的な高齢化社会を迎え、近年では高齢者に対するケアやサービスを行う老人ホーム、デイサービス、ショートステイ、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設など規模の大小に関わらず様々な施設が増加の一途を辿っています。老人ホームには元気なお年寄りが集うというよりは、入所する高齢者が介護・介助を必要とする重症度や医療依存が高まっている状態です。病院と違い老人ホームでは日常的に緊急を要する処置や高度な医療技術を求められることは決して多くはありません。しかし対象が弱者となる高齢者であるため、慢性疾患や持病を把握し健康状態を常に注視する必要があります。また老人ホームは集団での生活や活動になるため入所者の健康管理はもちろん、施設全般の衛生管理も必要とされます。

その一方、老人ホームに主に勤務するのは介護福祉士やヘルパーで常勤する医師はなく、診察や医療処置、保健衛生に対応できるスタッフが少ないのが現状です。そうした老人ホームの環境下、高齢者に対応する施設に保健師が増えることは心強く、年齢を重ねても尚健康で充実した生活を送ることができる施設環境がより整備され向上していくでしょう。

 老人ホームでの実際の保健師の仕事は、健康管理、衛生管理、健康維持増進を促す活動、看護・介助業務などを行います。現在かかっている病気、飲んでいる薬なども含め入所者の健康状態を把握することはとても大切です。集団生活の中、弱者である高齢者が感染症の起こりやすい集団生活を送る老人ホームでは、一人一人のしっかりとした健康管理と施設内の衛生状態を強化し、完全な感染症対策が求められます。また老人ホームではちょっとしたあそびやゲームの中で身体を動かしたり、リハビリ感覚で健康体操や軽いストレッチなどで身体の運動機能を維持する活動を行います。ケガや具合が悪い人がいる場合には応急手当をし、適切な処置を行うのも保健師の役割になります。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.