保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師のボランティア

 保健師をはじめ、看護師、助産師、医師など医療従事者のボランティア活動は大きく日本国内で行う活動と海外を拠点とする国際活動があります。基本的に医療・保健を必要とする地へ赴き、現地が必要とする活動を自分の専門性を発揮して、ボランティアを必要とする地域の人たちが自立できるまでサポートします。

 日本国内における保健師のボランティア活動は、特に日本赤十字社が各専門性を活かしたボランティアグループを結成し、各種イベントでの救護活動や赤十字施設内での作業に従事したり、赤十字が企画する健康生活支援講習やセミナーの普及・サポートに参加したりします。また特にボランティア活動として多いのが災害時の活動です。日本赤十字社や日本看護師協会などでは国内で起きた災害に対し災害ボランティアを派遣しています。 災害ボランティアでは被災地へ赴き、負傷者の手当・処置を迅速に行います。緊急・急変を要する状況の中、限られた医療環境と時間で持ちうる専門的知識とスキルを最大限に発揮することを求められます。症状や状態によっては救護要請、連携の取れる医療機関との調整、あらゆる傷病ケースに対応し慣れないスッタフ同士でトリアージを行うこともあります。負傷者の手当・処置が落ち着き、避難生活が始まると避難所での健康管理や衛生・保健面を整える必要も出てきます。長い非難生活の中では健康相談、身体を動かすレクチャーで健康維持を促すことも必要です。 こうした災害ボランティアにおける保健師は負傷者の救護はもちろん、その後の避難生活の中でどう健康を維持し衛生習慣を保つか、集団生活の中でいかに感染症を対策し生活不安やストレスを抱えた心のケアに対応していくことが求められます。

 保健師のボランティア活動には国際保健活動を行う組織を通じて海外でボランティア活動をすることができます。一番メジャーな組織はJICAで積極的に国際保健活動を行い、発展途上国を支援しています。 保健師としてのJICA活動は、現地の保健センターなどを拠点に、国際保健の大きな課題である感染症対策(マラリア、寄生虫、結核、エイズなど)、母子保健、公衆衛生や清潔習慣の啓発活動、病気予防のレクチャーなどを行います。教育水準、識字率の低い発展途上国では保健・衛生活動を地域のコミュニティレベルに落とし込み、住民参加型の啓発活動を企画し皆に病気への理解や健康の大切さを伝える活動も行います。地域の保健局や学校と連携し住民の健康調査、結果の取りまとめや分析を通じて保健活動を広げる役割も担います。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.