保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師の就職のポイント

 保健師という職業は病気を予防し健康を守るスペシャリストです。一般的に市区町村や保健所に勤務する行政保健師、企業や事業所に勤務し社員の健康を守る産業保健師、保健室の先生として学校保健や児童の相談役として活躍する学校保健師に分類されますが、病院や診療所に勤務する保健師、海外で国際保健に携わる保健師、社会が抱える問題に応じて児童相談所、地域包括支援センター、社会福祉施設、老人ホームなどに保健師が配置されるようになり、保健師の職場は多様化しています。

 保健師の就職と言うと募集人数が少ない…、狭き門・・・、経験者がないと雇ってくれない・・・、など就職しにくいイメージがあります。実際、現役保健師全体の7割を占める行政保健師は市区町村などに勤務する地方公務員となるため、そのための試験や準備をしなければなりません。産業保健師の場合、看護師とかち合ってしまったり、学校保健師は必要な絶対数が少ない上、辞める人が少ないので欠員が出にくいという現状もあり保健師の就職は容易ではないようです。

 しかしながら看護師の免許を持って看護業務ができ、且つ全体的な健康への指導や保健活動ができる保健師の専門性とスキルは必要とされる場面が多くあります。特別健康診査の制定や市区町村における地域包括センター設置により保健師の需要は増す傾向にあります。  特別健康診査とは近年増えるメタボリックシンドロームに着目した健診で、健康保険法のもと平成20年4月から40歳以上の保険加入者を対象に特定健康診査・特定保健指導の実施導入を全国の市町村に義務付けられることになりました。この特定健康診査は、メタボ予備群を減少させ、メタボ患者を的確に抽出して医師、保健師、栄養士など専門家の特定保健指導を行うことで生活習慣病の発症や重症化を予防することを目的としています。  また地域包括支援センターは高齢者が可能な限り住み慣れた自宅や地域で生活できるよう、必要な介護サービスや保健福祉サービスの相談に応じたり、関係機関の紹介や調整を行うことを目的に平成17年の介護法で制定されており、各市区町村に最低1ヵ所以上の設置が義務化されており、支援センターの専門職員に保健師、社会福祉士、ケアマネージャーが配置されています。

 以上のように保健師の働くフィールドは多様化しており、かつメタボや高齢化といった社会的問題が保健師を必要としている時代です。自分の理想にあった働き方を見つけましょう。自力で保健師の就職・転職が難しい場合には、保健師の転職を応援してくれるサポートサイトをチェックしてみて下さい!


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.