保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師の人間関係

保健師に限らず、どんな業種職場でも頭を悩ませられることの多いのが人間関係です。どこにでもある誰もが悩む問題とは言え、職場の人間関係は仕事へのモチベーションに影響したり、仕事内容の質へも影響してくる実は大きな問題です。職場の色々な人と上手に付き合っておくことは、仕事上決して悪いことではありません。むしろ人間関係が良好だと仕事を効率的にこなすことができたり、ピンチの時にフォローしてもらえたり、仕事上のトラブルや問題を気兼ねなく提起できる職場は仕事がスムーズに進みプラスに働きます。苦手だな…、嫌だな…と感じる相手がいる時には、自分への反面教師と思って仕事に集中しましょう。自分を成長させるのはむしろ自分の苦手とする人や自分が嫌いだと思う人であったりするので、人間関係を成長の糧として前向きとらえてみることをオススメします。

保健師の人間関係を見てみると、保健師の約7割にあたる行政保健師は公務員で、職場は市区町村や保健所などやや閉鎖的な職場です。一般企業ほど人事異動や人の入れ替えが少なく、少数精鋭で同じ保健師が長期にわたって勤務する職場柄、人間関係に不具合やもつれが起きると途端にやりにくくなる職場環境にあるようです。 保健師の仕事(特に行政保健師などの公務員の医療職)は収入が安定的で社会的自立ができ、女性の特性を活かして専門的な分野でプロフェッショナルとして仕事ができるため、やりがいがあります。結婚や出産など女性のイベントの影響も少なく家庭と仕事を両立しやすい職業です。そして保健師になるため、保健師として働くために並々ならぬ努力をしてきたはずです。しかしながら職場の人間関係は、こうした保健師への思いを打ち砕き、離職・退職といった最悪のシナリオを招きかねません。 しかし行政保健師の職場は少ないにしろ、極論、職場環境やそこで働く人材は常に流動的です。生涯にわたって苦手とする人と一緒に仕事をしていく可能性は非常に低いはず!むしろ仕事にとことん集中して自分の磨きに邁進しましょう。

また保健師は健康診断、保健指導、母子教育など様々な保健活動で多くの人たちと関わり、業務によっては必要な関係機関や施設などと連携したり、調整する業務も多く、対外内両方で人とのコミュニケーションを求められる仕事です。例えば保健指導や母子教育で相手の理解を得るか、もしくは相手の思いを引き出すか、関係機関といかに迅速に必要な対応を取るかなど人間関係を上手く構築しより質の高い仕事につなげていくかが大切です。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.