保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師の家庭両立

保健師は看護師や助産師同様、女性の特性を生かし専門性と高いスキルを持ってプロフェッショナルに働くことができる女性の数少ない職業分野です。経済的自立という面を見ても専門知識や技術力に対する対価は決して低いものではなく、職業柄社会の経済動向や不況の影響を受けにくい安定した職業という利点もあります。保健師は国家資格のため、全国どこでも働くことができ、結婚や出産による影響もほとんどないと言って良いでしょう。さらに保健師業務のひとつである母子保健や育児相談においては、子どもを持っていることが仕事にプラスになる、仕事に活かすことができるのです。そのため結婚し子どもを持って家庭と両立する保健師は少なくありません。

保健師の家庭両立のし易さ、難しさは勤務する職場によります。行政機関や学校、一般企業に働く保健師は比較的勤務時間が規則的な上、平日勤務の土日お休みパターンであるため家庭両立はしやすい環境です。しかし保健師の中でも病院に勤務し看護師同様、夜勤勤務がある場合には家庭への負担率が大きくなるでしょう。 また職場によっては仕事と家庭の両立がしやすいとは言え、やはりパートナーや家族の理解と協力がなければ上手くいかないものです。いくら理解のある夫、「イケダン」「イクメン」と言っても家庭や育児の主導は女性です。仕事と両立できるかというよりもむしろ、家族に仕事への理解と協力をいかに得るのかの方が難しいかもしれません。

保健師は、一般的に市区町村や保健所に勤務し行政サービスの一環として保健活動を担う保健師、企業や事業所に勤務し社員の健康を守る産業保健師、保健室の先生として学校保健や児童の相談役となる学校保健師に分類されますが、病院に勤務する保健師、最近では社会が抱える問題に応じて地域包括支援センター、児童相談所、社会福祉施設、老人ホームなどにも保健師が配置されるようになりました。またライフスタイルに合わせて在宅保健師、臨時保健師、健診センターでパート、イベント救護室でアルバイトなど限られた時間の中で資格を活かして柔軟に働く保健師も多くいます。 病気予防・健康のスペシャリストである保健師の仕事は多様化しており、求められる保健活動、講じていくべき病気予防策・健康管理は業種業態が同じでも働く先によって大きく異なります。家庭との両立が難しくなったら業種や働き方を変えてみるのもひとつの方策です。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.