保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

学校保健師の仕事<保健室の先生>

いわゆる「保健の先生」「保健室の先生」はいつも優しく学校の人気者。具合が悪くてベッド寝ているお友だちをよそに、保健室に集まったり、特に用事もないのに保健室に行って過ごした経験を持つ人も少なくないのでは?特に小学校高学年から中学生にかけては保健室が集まる場所であったり、保健室の先生に今思えば他愛もないことを相談したりして、総じて言えば保健室、保健の先生が一番な多感な時期の私たちの心をケアしてくれていたのかもしれません。

保健室の先生はそうした生徒たちとのコミュニケーションはもちろん、学校保健全体の運営に加えて大きくはケガ・急病の処置、健康診断、健康相談、保健指導などを行います。 生徒が学校でケガや急病になった時に保健師は応急の処置を施します。一般的に起こる軽度のケガや体調不良から、放置しておけば危険な状態になりかねないものまで、保健室の先生には全ての対応が求められます。しかし保健の先生は医師ではないためケガや病気の具合を診断して薬をあげたり、注射を打ったり、病院でしてもらうような処置(医療行為)はできません。あくまでも応急処置に徹し、緊急且つ万が一大事に至るリスクがある場合には、校長先生や教頭先生の判断で医療機関に搬送します。

 健康診断は学校行事のひとつですが保健室の先生にとっても大きな仕事です。学校の健康診断は学校職員が行う検診、校医検診、専門業者による検診の3種類があります。学校職員が行う検診では先生が生徒たちの身長体重を図り、視力検査、聴力検査を行ないます。内科・耳鼻科・眼科・歯科検診は学校指定の学校医の先生にきてもらって実施する検診です。心臓・胸部X線、血液検査、ツベルクリン反応検査、尿検査、などは予防医学協会などの専門業者さんが来て検査を実施します。保健室の先生はこうした健康診断のマネジメントや管理、調整を行っています。

 健康上の問題に対する相談はもちろん、生徒の学校生活における悩みや心の問題を聞くのも保健室の先生の大切な役割です。複雑な社会、多感な成長期に心の病やストレスを抱える生徒は増えてきており、保健室の先生や保健室の存在が学校へ足を向ける唯一の手段である生徒もたくさんいます。保健の先生はそうした子どもたちの拠り所でありカウンセラー的立場で重要な位置づけにあります。  その他にも保健指導、清掃用具の管理、生理用品(ナプキン)の貸与、おもらしや嘔吐の処理、衛生の管理など学校保健に関わる全ての業務に保健室の先生は従事しています。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.