保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

学校保健師の仕事

保健師はその働く場所によって行政保健師、産業保健師、学校保健師(養護教諭)に分かれますがそのうちの学校保健師はいわゆる保健室の先生になります。学校保健師は保健室に常駐し学校保健法に基づいて生徒、教職員の健康管理や病気の予防に努めるのが大きな役割です。 学校の保健室には次のような役割があり、保健師にはそれを健全に運営していくことが求められると同時に生徒たちとのコミュニケーションはもちろん、学校保健全体の統括をしていくことになります。

● 個人・集団の健康把握:生徒の健康状態を健康診断、保健室への来室状況、欠席状況、健康相談などから把握します。特にメインとなるのは健康診断になり、学校職員が行う身体測定などの検診、内科をはじめ学校指定の校医による検診、血液検査や尿検査など専門業者による検診のマネジメントや管理、調整を行います。また検診の結果から生徒の健康状態や傾向などを分析・把握し病気の予防や健康活動へ役立てます。

● ケガや具合が悪くなった生徒への救急処置:学校内で起こる軽度のケガや体調不良から、放置しておけば危険な状態になりかねないものまで、学校保健師には全ての対応が求められます。具合の悪い生徒は症状や健康状態を聞き取り、休ませます。大ケガや不測の事態には医師ではないため応急処置に限り、必要な場合には生徒を医療機関へ搬送、付添いを行います。

● 保健指導・健康相談・カウンセリング:健康上の問題に対する相談指導はもちろん、生徒の学校生活における悩みや心の問題を聞くのも学校保健師の大切な役割です。特に近年は複雑な社会、多感な成長期に心の病やストレスを抱える生徒は多く、保健師のカウンセラー的立場で生徒の話しや悩みを聞く相談活動が重要視されています。

● 伝染病予防:学校生活は伝染病や感染症が広がりやすい集団生活を送っています。常に清潔衛生に努めることを啓蒙し、うがい手洗いなど基本的な病気予防の励行から一人一人が自己管理できる健康習慣を促します。

 その他、学校内の清掃用具の管理、生理用品の貸与(小学校高学年から中学生の時期は生理が始まる頃なので女子生徒にとっての救護品です)、おもらしや嘔吐の処理、学校内の衛生管理など、学校保健師は学校保健に関わる全ての業務に学校保健師は従事しています。しかし学校という教育の場で働く立場から教育や教職に関する広い視野と知識を持っていることが必要とされます。

[学校保健師の基礎]
学校保健師になるには 募集先の見つけ方 就職前の心構え 求人事情 採用されるために
保健室の先生の資格

保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.