保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

学校保健師の仕事<養護教諭2種の取得>

養護教諭とはいわゆる「保健の先生」「保健室の先生」です。いつも優しい保健の先生は学校の人気者。特に用事もないのに保健室に行って過ごした経験を持つ人も少なくないのでは?  養護教諭は学校の児童や先生の健康管理、保健教育、応急手当など学校保健全てを担います。そのため、医療・看護・保健に対する幅広い専門知識と柔軟な対応が必要とされ、多感な子どもたちとの触れあいやコミュニケーションも大切にして行かなければなりません。また身体の不調やケガだけでなく、最近は心に問題を抱えている児童も増えています。学校に来ることができない・・・、教室に入れない・・・、家庭に問題がある・・・、イジメられている・・・、そうした児童を優しく受け止め、心のケアをし、健全な学校生活へ導いて行けるような豊かな人間性も求められます。

 養護教諭になるには「養護教諭免許状」を取得しなければならず、養護教諭免許状には「1種免許」と「2種免許」があります。1種免許は教育系大学の養護教諭過程や看護大学で必要な単位取得をすることによって得ることができます。2種免許は短期大学の養護教諭過程や看護系短期大学で必要な単位取得をすることによって得ることができます。また以前は保健師の資格を持っている人は、教育職員免許法施行規則第66条の6に定める単位を修得すれば養護教諭2種免許状を得ることができました。平成22年度からはこの法律の解釈がやや変わり、免許がとれないという事態も起きるので注意して下さい。

 保健師資格をベースに養護教諭2種免許を取得するには、日本国憲法、体育、外国語コミュニケーション、情報機器操作の各2単位が必須習得科目になりました。この4科目については学校により必須科目ではなく選択科目としている学校もあり、未修得の場合には免許を取得できませんので取りこぼしがないよう注意しましょう。この養護教諭2種免許の取得方法は管轄する都道府県教育委員会によって違うようなので免許申請や取得には確認が必要です。

 必須科目となった憲法、外国語、情報操作も大切ですが、養護教諭になるためには、学校保健をマネジメントするための学校保健、公衆衛生学、健康相談活動の理論、栄養学、解剖生理学、精神保健、看護学などを学び、教育の現場に立つ一員として教職の意義、教育の理論、生徒指導や教育相談などを学びます。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.