保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

精神保健師

精神保健福祉士とは1997年に誕生した精神保健福祉内のソーシャルワーカーであり、国家資格です。

日本では心の病を負ったことで、様々な障害を抱えた人(精神障害者)に対する社会復帰や社会参加支援の取り組みが先進諸国の中で制度的に立ち遅れた状況が続いていました。 近年になり関係法の改正等で、ようやく精神障害者も私達一市民と同じく地域社会で暮らすための基盤整備が図られることになりました。

精神保健福祉士は、精神科ソーシャルワーカー(PSW:Psychiatric Social Worker)という名称で1950年代より精神科医療機関を中心に医療チームの一員として導入されました。

社会福祉学を基礎として、精神障害者の抱える生活問題や社会問題の解決のための援助、また社会参加に向けての支援活動を通して、その人に合ったライフスタイルの形成を目指しています。

さらに高ストレス社会といわれる現代では二ーズが広がり、医療や保健、そして福祉にまでまたがる領域で、精神保健福祉士の役割は重要になっています。

現在精神保健福祉士の活躍する場として、医療機関、社会復帰施設、福祉行政機関、司法施設、他常時勤務の例は少ないですが、教育現場のメンタルヘルスに関する相談援助を行うスクールソーシャルワーカーや、職場でのストレスやうつ病対策、職場復帰のための支援等を行う企業内ソーシャルワーカーがあります。

医療機関では治療を担うのではなく、主治医の意見・指導を受けながら、精神保健福祉士としての独自の専門的な視点に基づく判断とそれによる支援を行う職種となります。 またその他に病院の外の他機関との連携による援助活動を展開する視点も必要です。精神障害者の生活を支援する立場、医療と地域生活の橋渡しをすること、常に患者の権利擁護の視点を持つことが重要となります。

また日常生活訓練をする施設では家事などの具体的な基本動作を一緒に行い助言、就労前訓練や作業を行う目的の施設では作業を通して社会参加することを支援します。 また就労前のトレーニングや実際の就職活動に関する助言、職場への定着のための支援なども行います。

その他地域生活の支援を主目的とする施設、社会復帰施設、教育機関、また司法施設等でも重要な役割を担っていますが、共通していえる点は精神障害者は地域で生活する一人の人であり、その生活がより豊かなものとなるよう精神保健福祉士の立場で支援する視点を持って活動することです。

保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.