保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師<シフト勤務>

保健師として働く、約7割は公務員である行政保健師として市区町村、保健所、保健センターなどで保健活動を行っています。公務員のため基本的に勤務時間は8時〜17時、平日月曜日から金曜日までの勤務で土日がお休み、と勤務体系は決まっています。公立の学校機関に勤める学校保健師も行政保健師と同じく公務員なので行政保健師に同じです。企業の業種業態によってはシフト勤務で会社経営をしているところもありますが、社員の健康管理に務める産業保健師においてシフト勤務が適用されることはないと言って良いでしょう。

シフト勤務は病院や介護施設、老人ホームなど土日や祝日関係なく、医療や介護サービスを行う施設機関に勤務する保健師に多いようです。 病院に勤務する保健師の場合、勤務する病院の方針や保健師へ求める役割にもよりますが、ほとんど看護師と変わらない仕事をする中、合間を見て保健師活動を行う保健師も多くいるようです。看護師不足から保健師が看護業務をサポートすることが常態化していたり、病棟に配属されれば24時間患者さんを管理看護しなければならないため、シフト勤務で継続的な看護を維持していく他に方法がありません。    デイ・サービスや老人ホームなど介護施設は入所者のケアに加え、高齢者を受け入れる施設には医療や保健業務に携わることができるスタッフが限られるため、保健師の常勤が必要とされます。介護サービスは介護をする家族の都合に合わせて土日や祝日関係なく提供されるのが一般的です。 こうした医療や介護の現場では患者さんや高齢者の方々の生理的行動に寄添うケアを絶対的に必要とし、24時間体制において患者さんの看護管理、介護ケアを継続的に提供していかなければならないため、そこで働くスタッフはシフト勤務で対応していくことになります。

シフト勤務は一般的には土日祝日勤務を含む週休2日という条件になり、毎月一定の時期に次の月のシフトを組んでいきます。夏休みや年末年始休暇は交替で取得するように調整したり、予め都合の悪い日、勤務できる日を自己申告して一緒に働くスタッフ全員の勤務日程を調整します。シフト勤務というと友だちや家族と休みが合わない…、不規則な生活…、とはじめは抵抗があるかもしれませんが、シフト勤務に慣れてくれば空いている平日に映画やショッピングを楽しむことができたり、基本的にお休みはきちんと確保されるためリフレッシュして次の仕事に切替えることができます!


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.