保健師の合格率

保健師の合格率

保健師になるための保健師国家試験の合格に関し平成23年度においての合格率として、男性保健師合格率は約95%、女性保健師合格率98%と合格率は女性、男性共に高く、合格者数に関しては、男性12000人程度、女性15000人弱となります。 つまり女性、男性含め保健師国家試験においての合格率は90%を超える結果がでています。

また保険資格においての合格率を統計すると平成17年度以降合格率も徐々に上向きで或る事が判明しています。 更に細かく調査すると保健師国家資格での合格率が高いのが大学を抑え、短期大学の専攻科が合格率を95%以上超えていることもわかりました。 続いて合格率が高いのが大学となり、その他養成所からの合格率は85%前後という結果がでています。

もちろんこの合格率も各学校及び新卒者か既卒かにより又違う数字になりますが、やはり新卒者の短大専攻科が一番の合格率というのはいうまでもないようです。 ただし既卒者合格率の結果としては大卒が短期専攻科を抑え43%と高くなり、専攻科は42%となっています。

統計的に見て受験者数、合格率は上向きであることは確かなことですが、実は平均で見た場合、現在の合格率では22年度以降同率であることがわかり、更に21年度合格率よりは平均にして大幅に合格率は低くなっていることも判明しています。 合格率を色々と調査するところでは、19年度、21年度の平均合格率が非常に高く23年度合格率85%程度に対し、いずれも95%越えであることが結果として出ています。

つまり保険師国家試験を受ける人数は増加しているのに対し合格率は数年前より落ち込んでいるというデータ結果がでているようです。 ただ、いずれにしても合格率は低いわけではなく85%越えなので、高めではあるにしても以前の合格率よりは低いという状況になっているのも確かなようです。

保健師とは、看護師国家試験ならびに保健師国家試験を合格しなければ資格が得られない大変な資格ではありますが、医療の分野において欠かせない人材ですので保健師を目指す方は是非頑張っていただきたいと思います。

ちなみに今回は23年度保健師合格率を紹介しましたが、22年度保険師合格率は平均87%となり、この数字は新卒受験者平均となります。 既卒受験者の合格率は22年度平均で39%という結果となります。 実は、この前年度21年度の合格率は平均なんと98%であるとの報告もあるので驚きですね。

保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.