保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師の手当

施設機関や企業などに就職をすると様々な手当が福利厚生として支給されます。福利厚生とは毎月の給与以外に得ることができる、もしくは必要に応じて与えられるサービスや援助を言い、福利厚生は従業員の仕事に対するモチベーションを上げるためのひとつの方策でもあります。就職や転職活動で注目することも多く、福利厚生が整っていない!ことが会社の不満になることもあるようです。

福利厚生として支給される手当は様々あります。健康保険、厚生年金、雇用保険などは法律で雇用主が従業員に与えることを義務付けているので全ての人が享受するものです。勤務する企業や施設機関が任意で定めるものには住宅手当、通勤手当、慶弔見舞い、財形貯蓄などがあり、この任意で定める福利厚生手当が勤務先によって異なり、内容によって福利厚生が充実しているもしくはしていないということになります。 保健師に与えられる保健師手当(資格手当)も任意の手当に入るため勤務先によって差があります。その他、医療従事者向けには手術室やX線を使う業務に対する危険手当、HIVや結核など感染症を扱う特殊業務に対する感染症手当、緊急や救急医療にスタンバイするオンコール待機手当、赤ちゃんの誕生に立ち会う分娩手当、難病患者を診察する特殊疾病取扱手当などがあります。

保健師手当は約2〜30,000円が相場で病院保健師や介護施設に勤務する保健師に対して支給されることが多いようです。病院や介護施設は一緒に看護師が働くことが多い職場なので、有資格者の能力やスキルを差別化するためにあえて、保健師資格として明示することが多いのかもしれません。 市区町村や学校などに勤務する保健師は公務員に属するため、公務員給与の規定において給与が支給されますが、保健師手当を別途支給と明示することは少ないようです。保健師として採用・勤務が定まっており、保健師の専門性やスキルを既に考慮した給与額になっていると考えられます。企業に勤務する産業保健師においても、採用時点で保健師としての職務が決まっているため、保健師資格に対する対価は給与に加味して提示していることの方が多いようです。

保健師手当は保健師としての専門的知識や他の人にはない高い技術力に対して支払われる、能力への対価であるため大切です。しかし一部の手当に限らず、住まいをサポートしてくれる住宅手当や、遊園地や保養所施設を格安で利用できる余暇に対する充実性など全体的な福利厚生から厚遇なこともあります。


保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.