保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師の通信教育

保健師になるためには国家試験を受けなくてはなりません。

試験科目は「地域看護学」、「疫学」、「保健統計及び保健福祉行政論」です。

保健師国家試験の受験資格としては「看護師国家試験の合格者」となっているため、保健師は基礎資格として看護師免許を持っているということが前提となっています

。 因って平成19年4月以降からは保健師になるためには、保健師国家試験の合格と共に看護師国家試験にも合格しなければならず、保健師国家試験に合格しても、看護師国家試験が不合格の場合は免許が取得できなくなりました。 尚、保健師免許のみで看護師業務を行うことは可能となっています。

近年では、仕事や私生活に忙しい人でも気軽にそれと両立することが出来る、通信教育講座というものが存在します。 場所・時間ともに気にすることなく勉強をすることが出来るというものです。 いつ、どこにいても自分が学びたいことを学ぶことが出来る教材なので、学校に行く時間がない人達に気軽に勉強ができるということで人気があります。

通信教育講座で保健師の免許を取得することはできるでしょうか?

便利な通信教育講座ですが、こういった通信教育だけでは残念ながら保健師の資格を取得することはできません。

保健師国家試験の受験資格を得るには、上記のような条件が必要になってくるのですが、その条件の中に通信教育から受験資格を得られるというものはないからなのです。

通信教育講座には実に様々なジャンルが存在し、医療や福祉関係のことを学べる講座が存在します。

通信教育で学んでそのまますぐに保健師の資格を取得、ということは確かにできませんが、通信教育講座の中には看護学校への編入資格や看護師資格が取得できるものなどが存在します。

それを活かすことができれば保健師の道に歩むことができるきっかけになるかもしれません。

また看護学校への編入や看護師資格が取得できた場合、一旦医療や福祉関係の世界に足を踏み入れることができます。 そこで様々な体験を積み、その上で今後の選択をすることも可能です。 選択後にやはり保健師への道を歩んでみる、ということもできるかもしれません。

また通信教育で医療・福祉関係のことについて学んでいれば、いざ保健師国家試験を受験するという時に、通信教育で得た知識が強い味方となって有利になることもあるでしょう。通信教育講座も保健師の資格を取得していく過程に、有効なものとなる場合もあります。

保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.