保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】

保健師のうつ

保健師自身が病気にかかること、「うつ病」になることはあるのでしょうか?

最近一般の人と同様に、保健師で精神疾患「うつ」を患う人が増えています。

保健師は知識も対処方法も知っている医療職なのになぜ?と感じる人もいるでしょう。

実は保健師はひとりひとりが責任を持って対応するものが数多くあります。

うまく対応できているうちは良いのですが、ストレスも掛かるし、行き詰まることもあります。

地域の人々の支援、病気を未然に防ぐ重要な立場にあるからこそ、健康でなくてはなりませんが、個人の力量も問われる上、経験がモノをいう職種でもあります。

その上法律は目まぐるしく変わり、それに伴った事業を行うことも必要になってきます。

県から市町村へ事業がどんどん移譲されるケースも増えてきています。

また複雑な現代だからこそ、処遇困難の様々なケースは増える一方です。

まじめな保健師ほど精神的に病んでしまうことが多いのではないでしょうか?

保健師の燃え尽き症候群というケースもあります。 保健所でも50%を超えていると言われています。 心の健康状態に関しては元々悪いと言われている看護師よりも、上回る状態ともいえます。

あるケースでは、保健師として就職したものの、指導者から事実無根の失敗を多々押し付けられうつになってしまった、というような人間関係から来る「うつ」もあるようです。

保健を受け持つ行政職として、保健師自身が精神的な病にならないような処遇が必要とされます。

自分が精神的に病んでしまう前に、自分でストレスコントロールを心掛けるのも一案です。

せっかく夢がかなって「やりたい仕事」に就けたとしても、仕事と私生活との調和(ワーク・ライフ・バランス)が整わないと、体調を崩してしまいます。

休息や私生活での時間と空間、人間関係づくりを後回しにしていると、仕事で行き詰った時に安らぎやいたわりを得られず、人生が急に空疎なものに思えてしまうことも多いのです。

また休む暇もなく働いていたら、いずれは過労が募ってダウンしてしまいます。 いくら「やりたい仕事」「やらなくてはいけない仕事」であっても没頭しすぎて自分自身を失わないように、十分に注意する必要があります。

それでももしも「うつ」になってしまったとしたら・・・。

自分の病気の傾向を知って、体調を崩さずに勤務できるよう、無理をし過ぎないという事が大事です。

保健師人気の転職サイト!徹底比較の結果をチェック!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>ランキング2位以降はコチラからチェック!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2017 保健師求人ランキング【人気No.1求人サービスはココだ!】 All Rights Reserved.